正しい対処

シャワーを浴びる

凍結した場合の正しい対処法について

石油給湯器はその構造などから注意すべき点がいくつかあり、それらの注意点を守らないと最悪人命にかかわることがあります。具体的には以下のような注意点が挙げられます。1つ目は屋内設置型石油給湯器の場合で、これを使用する時には換気を十分に行う必要があることです。換気が不十分だと空気中の酸素が減少し、一酸化炭素中毒が起こる危険性があります。2つ目は石油給湯器の給気口を塞いだり、物を置いたりしないことです。これも空気不足による不完全燃焼で一酸化炭素中毒が起こる危険性があります。この他にも石油給湯器にはいくつかの注意点があり、それらを守らないと危険なトラブルが起こることがあります。このようなことを防ぐためにも石油給湯器を購入した際には取扱説明書などをよく読み、注意事項を守る必要があります。

屋外設置型の石油給湯器は冬になると凍結してお湯が出なくなることがあります。このような場合には対処法が存在し、以下のようなことを行うと安全に使用することができます。方法としては凍結した部分にぬるま湯をかけてゆっくりと溶かすことです。この時にタオル等をまいて、その上からお湯をかけるとさらに良いです。そして浴槽の水を追い炊きすることで給湯器の周りの氷を早く溶かすことができます。凍結部分を溶かすために熱湯をそのままかける行為は機器に負担が掛かり、最悪の場合は破裂する可能性があるのでお勧めできません。このようにちょっとして行為で給湯器を安全に使用することができます。もし、今までこれとは違う対処法をしていたのならこれからは上記のような方法を行うことをお勧めします。